2005年10月01日

THE JUON / 呪怨

eiga8.jpg

'04/アメリカ
監督 : 清水 崇
出演 : サラ・ミシェル・ゲラー
Mariの評価 : ★★★☆☆

日本の福祉留学生のカレン(サラ)は、ある一家の介護を手伝うことに。
その家には痴呆症の老婆がいたが、他の家族はいない。
そのうち、二階の部屋の押入れに閉じ込められた男の子が・・・。

こ、怖い。何気ないとこに写っている男の子とか、見つけたときにはゾーっとする。
日本版の「呪怨」では最後ちょっとわかりにくいところもあり、「?」という感じでしたが、アメリカ版ではそのあたりが納得いく構成となっています。

こわいのが嫌いなので星3つ。。。
posted by Mari at 00:01 | Comment(0) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。