2005年11月16日

Confessions on a Dance Floor / Madonna

madonna.jpg

Mariの評価 ★★☆☆☆

全曲ノンストップの80年代ディスコサウンドが盛り込まれていて、"Future Disco"というコンセプトのとおり、古くて新しい雰囲気の曲でした。
特に、1曲目、ファーストシングルとなっている「Hung Up」のイントロがそれを物語っていて、時計のカチカチという音から始まり、モノラルサウンドからしだいにステレオサウンドに移っていく音は、まさに昔のセピアの写真が現在の技術でカラーによみがえるといったようなゾクゾク感がありました。

一言で言えば、「古きを知って新しきを知る」。。。温故知新アルバム。

でも、アルバム全体を言えば良くも悪くも期待通りで、上手くまとめすぎているというか、私には"温故知新"の"知新"の方が少なかったよな気がしましたが。。。(まあ、80年代サウンドを直で聞いていた私ですので仕方ないっす)若い世代の人にはいいんではないですかねえ?


Hung Up/Madonna←Click Here!(Windows Media Player)
Madonnnaオフィシャルサイト←Click Here!
posted by Mari at 19:52 | Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。