2006年02月18日

ウォーク・ザ・ライン/君に続く道

walktheline_1.jpg 
05'/アメリカ/Walk the Line
監督 : ジェームズ・マンゴールド
脚本 : ジェームズ・マンゴールド
音楽 : T・ボーン・バーネット
出演 :ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン、ジニファー・グッドウィン、ロバート・パトリック
Mariの評価 ★★★☆☆

ロックやフォーク、カントリーミュージックで今なお、多くのミュージシャンたちに多大な影響を与えている「ジョニー・キャッシュ」の伝記。さまざまな困難を乗り越え、憧れの女性「ジューン・カーター」とのドラマを描いたラブ・ストーリーでもあります。

先ず私がこの映画を観たいと思ったのは、主演の2人が吹き替えなしで歌のシーンを演じているということです。リース好きな私は、キュートできれいな声の彼女の歌声を聴いてみたいなあとまさに思っていたから。。。
きっとすごく練習したのだろうと思うほど、素晴らしい歌唱力でした♪
そしてホアキンの演技もこの映画では今まで出演していた中では一番良かったと思います。私は彼は表情が薄いと思っていたのですが、演技力、表現力も以前に比べて断然良くなって、彼を見直しています( ̄▽ ̄) ニヤ。
witherspoon_phoenix.jpg
そしてこの作品ではリースとともにゴールデングローブ賞を受賞。ヽ(^◇^*)/ 。
アカデミー賞にも2人はノミネートされており、これは要チェックでしょう♪

ネタバレあり♪↓
ラストはどうでしょう?
伝記ものですからちゃんちゃん♪で終わるのは当然なんですが、私としては今ひとつ。Shuちゃんと話あってたんですが、ラストはあの監獄でのシーンで終わっておけばよかったのではないかと思いました。。そのあとエンドロール前に〜二人はその後めでたく結婚し、〜みたいなコメントがあればそれで観客は納得するんではなかろうかと思ったんですよね〜。
冒頭が監獄のシーンでしたので、ラストもそこで締めてほしかったというのが二人の意見で一致しました〜(^ー^* )フフ♪

あと、『ウォーク・ザ・ライン』っていう邦題はインパクトがないんですよ。原題も同じなんですけど。。。何度聞いてもすぐ忘れてしまうタイトルだなあ。←私の記憶力の問題かぁ。。。( ̄▽ ̄;)!!

ミュージシャンてドラッグがつきものなのねフー♪→ブログランキング.gif
posted by Mari at 23:45 | Comment(3) | TrackBack(4) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。