2006年02月23日

ダニー・ザ・ドッグ

ダニー・ザ・ドッグ.jpg
'05/フランス、アメリカ/ Danny the Dog 、Unleashed
監督 : ルイ・レテリエ
脚本 : リュック・ベッソン
音楽 : マッシブ・アタック
出演 : ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン
Mariの評価 ★★☆☆☆

ストーリー
5歳の時に誘拐され、バート(ボブ・ホスキンス)という男の奴隷として、犬のような扱いを受けて育てられたダニー(ジェット・リー)。成長した彼はアンダーグラウンドの格闘技場で戦って、バートのために金を稼いでいた。。。(参照文)

私の好きな映画ジャンルに【記憶モノ】というのがあるのだけど、これもかなり記憶系が盛り込まれていましたヾ(  ̄▽)ゞ。ダニーの幼い頃の母の記憶。自分の母親が誰なのか、どうしてピアノが好きなのか。。ラストに向けてだんだんと明かされていくので、徐々にストーリーを楽しめるのがいい♪
そしてモーガン・フリーマンと悪役のボブ・ホスキンスの演技が貫禄あって安心して観れます。モーガンの役は盲目のピアノ調律師ということで、レイ・チャールズっぽい雰囲気がありましたね。
主役のジェット・リーは子供っぽい役柄なのでそういう演技をしているのですが、演技が下手なのかなんだかしぐさが気持悪い(爆)。やっぱり彼は演技派ではないんでしょうかね"o(-_-;*) ウゥム…

でもダニーの本当の父親って誰なのかいまいちわからないんですけど、やっぱり"あの人"なのかな〜?


そんなこんなでも彼はリー・リンチェイ♪→ブログランキング.gif
posted by Mari at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(3) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。