2005年12月11日

SAYURI

sayuri2.jpg
'05/アメリカ
監督 : ロブ・マーシャル
出演 : チャン・ツィイー、渡辺 謙、ミシェル・ヨー
Mariの評価 ★★★☆☆

前から気になっていた「SAYURI」、見て来ました。これって邦題なのですね。原題は「Memoirs of GEISHA」。
これは当たり前だけどれっきとした"洋画"でしたね。所詮、アメリカ人が見た日本人ということで。生粋の日本人である私には"何かが違う"と思わざるをえませんでした。でもきっと、外国の人がみたら新鮮に見えたりするんだろうなあ。。。

チャン演じるさゆりは青い目をしているというので、もっとダークな過去があるのかと思ってしまいましたね。ストーリー自体ちょっと期待しすぎたのかも。あえて芸者の話でなくてもいいような気さえしましたし。
これがある一人の芸者の実話ならばもっと感情移入できたと思います。

しかし、「ラスト・サムライ」など日本を題材にしたハリウッド映画が公開されるのはやはり日本人としてはうれしいものです。この映画を観て日本文化が間違っている描写があったとしても、少なくとも嫌な気分にはならないです。これまでのへんちくりんな日本人の描写とは大違いでしたから(笑)。。主演もチャン・ツィイー、渡辺謙ときれいどころでしたしね。昔のように出っ歯でめがねの「あちゃー!」と不快に感じる俳優陣ではなかったし。それに、つっこみどころがない日本を題材にした映画を観たければ、普通に邦画をみればよいわけだしね(笑)。

sayuri.jpg 
オフィシャルサイトhttp://www.movies.co.jp/sayuri/
posted by Mari at 01:43 | Comment(8) | TrackBack(12) | 映画
この記事へのコメント
初めまして★前評判から「アメリカ人から見た日本人」というのは聞いていましたが、やっぱりそうなっちゃってるんですね(^_^;)あとアメリカ映画に日本人俳優が沢山登場するのは嬉しい限りですが、英語に違和感があると・・・と心配でした。予告を見た限りでは変には思わなかったのですが、触れられないところを見ると自然なのですね(^v^)参考になりました♪♪
Posted by 小町 at 2005年12月11日 04:25
小町さん初めまして!
英語に違和感というよりは、チャンやミシェルが話す"旦那"とか"お姐さん"とかの日本語の発音が妙に日本人ぽくて逆に違和感がありましたよ。
・・・分かりにくいですよね、ごめんなさい。。。
Posted by Mari at 2005年12月11日 11:37
おじゃまします。m(__)m

>それに、つっこみどころがない日本を題材
>にした映画を観たければ、普通に邦画をみ
>ればよいわけだしね(笑)。

(爆笑)。確かにその通りですね。

『コンタクト』の、掛け軸がかかった部屋とか、日本人の役なのに日本人ではない国の人が演じる、といった事が長かったハリウッドとすれば、この作品はかなりの革命ではないかと、自分では思ってます。『ラスト・サムライ』のいい影響かもしれません。

ところで、seesaaのTB承認掲載機能って、こういうふうに表示されるのですね。参考になりました。(^.^)
(作品と直接関係ない話ですいません)
Posted by ラフマニノフ at 2005年12月17日 10:56
はじめまして。TBありがとうございます。
外国で作られた日本に関する映画は、ツッコミどころのあるのが、まあ当たり前と言えば当たり前ですよね。
その逆のことも充分考えられるわけで・・・。
でも今回、Mariさんの言うように、へんちくりんではなかったので、私は満足しています(笑)
Posted by こでまり at 2005年12月17日 11:36
ラフマニノフさんコメントありがとうございます♪
そうですね、またこういう日本を題材にした映画をぜひやってほしいですね。。
そういう意味では世界では名も売れていない日本人が主役をやるよりも、チャンのように売れっ子スターが主役を飾った方がより多くの人に映画を観てもらえるだろうし、次回に期待がかかるかもしれません。。
Posted by Mari at 2005年12月17日 11:53
こでまりさんコメント、TBありがとうございます♪
この時代には本当に「水揚げ」とか「競り」などといった制度があったんでしょうかね?芸者の世界はわからないのでこの点ではツッコむ余地もなかったですけど。。
Posted by Mari at 2005年12月17日 12:27
こんちは〜。

遅ればせながら、「SAYURI」を見てきました。その感想を書きましたので、TBさせていただきます。
私の記事にもTBして頂いて、かまいませんよ。
Posted by leaves at 2006年01月04日 08:01
leavesさん、こんにちわ。
すいません、このブログ、カテゴリが少なくて記事が探しにくいですよね。
近々、なんとかしたいと思っておりますのでどうぞよろしく♪
Posted by Mari at 2006年01月04日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

Memoirs of a Geisha
Excerpt: 『SAYURI』観てきました。  http://www.sonypictures.com/movies/memoirsofageisha  http://www.movies.co.jp/sayuri..
Weblog: Real Reality in a Dream
Tracked: 2005-12-11 21:22

『SAYURI』を観た
Excerpt: 観に行く前は「かなり歪められちゃってる、よくアメリカ映画に出てくるわけわからん日本のようなところが舞台」のように描かれているのかと思いましたが、意外にまともな描写で驚きました。
Weblog: TV視聴室
Tracked: 2005-12-16 23:50

SAYURI??memories of a Geisha
Excerpt: まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2005-12-17 00:17

「SAYURI」
Excerpt: 貧しさゆえに置屋に売られた千代。辛く厳しい日々の中で、彼女に運命の出会いが訪れる。「こんな美しい日に、悲しい顔は似合わない」――そう声をかけたのは、立派な身なりをした“会長”と呼ばれる、一人の紳士だっ..
Weblog: 映画とワンピースのこでまり日記
Tracked: 2005-12-17 11:36

「SAYURI」
Excerpt: (凛の評価:★★★☆☆) ■公式HP:SAYURI ■原作本:「Memoirs
Weblog: a monologue
Tracked: 2005-12-17 14:25

SAYURI
Excerpt: 貧しさ故に置屋に身売りされた少女。 辛く厳しい生活で、夢も希望も無くしかけた、その時、 橋の上で、運命的な出会いが有りました。 会長と呼ばれるその人に、 もう一度会いたい と言う、その思..
Weblog: Enjoy Life♪
Tracked: 2005-12-18 07:40

SAYURIぃ〜
Excerpt: 映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃ..
Weblog: ナイス旦那日記
Tracked: 2005-12-20 22:54

映画「SAYURI」
Excerpt: 原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-12-23 02:50

映画『SAYURI』
Excerpt: 25日から広島の実家に帰ってます。 今日はSAYURIを観にいきました 以下ネタバレ注意 とにかく映像美な映画でした。 ストーリーや、日本描写の忠実性は微妙なのですが、 女優..
Weblog: 阪大生の留年ライフ
Tracked: 2005-12-27 22:56

SAYURI
Excerpt: SAYURI(原題:MEMOIRES OF GEISYA)2005年 アメリカ 評価6点:★★★★★★☆☆☆☆ アメリカでは日本よりも1週間遅い12月23日のクリスマス公開となった。各ブロ..
Weblog: MATONOWEBLOG
Tracked: 2005-12-28 05:43

『SAYURI 〜MEMOIRS OF A GEISHA〜』
Excerpt: 『SAYURI』 公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/原題:MEMOIRS OF A GEISHA製作:2005年アメリカ監督:ロブ・マーシャル出演:チャン..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2005-12-31 07:52

「SAYURI“MEMOIRS OF A GEISHA”」見ました。
Excerpt: 遅ればせながら、見てきました。まだ見てない方は、お早めに劇場へ
Weblog: サービスの眼
Tracked: 2006-01-04 08:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。