2005年12月17日

ファインディング・ニモ

nemo.jpg
'03/アメリカ
監督 : アンドリュー・スタントン
声の出演 : アルバート・ブルックス、エレン・デジュネレス
Mariの評価 ★★★☆☆

一時カクレクマノミがペットショップで大ブームでしたね。それもそうですよね、オレンジ色のシマシマのニモはとってもかわいいキャラクターでした。ディズニーのキャラクターはいつも人を引き付けるかわいさがあるし、それを生かす声優さんにもこだわりがあるのでしょう。私は字幕スーパーの方をいつも観るのですが、特に子供キャラと悪役キャラの声のマッチさには感動してしまうほど。ピクサーの映像もすごく鮮やかでした。

nemo1.jpg

ストーリーについてはディズニーらしいものですけれど、今回キャラクターに物忘れがひどいドリーがでてくるのですが、こういう物忘れの病気(?)を抱えてるキャラがめずらしいと思いました。それに、男女愛や友人愛をテーマに描かれることが多いディズニーですが、親子愛をテーマにしているのもいつもと変わっていたかなと思いました。

そしてディズニー映画にはお楽しみとして隠れキャラが出てたりするのですが、今回は一番最後に分かりやすく出演してましたね〜。分かる人には分かるといったこういうのがいいんですよね〜。
posted by Mari at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10755647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

ピクサー冒険アニメ -ファインディング・ニモ-
Excerpt: 台湾では、日本の劇場公開前に DVDレンタルで、一度、鑑賞している 「ファインディング・ニモ 」 台湾では、ほとんどの作品の劇場公開が 日本よりも早い。 日本の配給会社のように、長期休暇など..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2006-01-22 14:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。