2006年01月24日

ターミネーター

ターミネーター.jpg 
'84/アメリカ/THE TERMINATOR
監督 : ジェームス・キャメロン
製作 : ジョン・デイリー、デレク・ギブソン
音楽 : ブラッド・フィーデル
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン
Mariの評価 ★★★★☆

未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込んだ。目的は、いずれジョンを産むことになるサラ・コナーの抹殺。平凡な女子学生であるサラの前に姿を見せる黒づくめの殺人機。だがその時、彼女を守るために一人の男が現れた。男の名はカイル・リース。ジョン・コナーの命を受け、未来からやって来た戦士であった。 (参照文)

日曜日にムービーチャンネルでターミネーターの特集をやっていて、1から3まで一挙に放映していました。
私は「2」のほうが好きなのですが、Shuちゃんはシュワちゃんが悪役で賑わせた「1」のほうがお気に入りらしい。
いちいち「ここで初めて"I'll Be Back"って言うんやぞ。」とか、
「ターミネーターの"1"は実はラブ・ストーリーなんやぞ。」などなど、ウンチク語りだしたら止まりません(笑)。
確かに20年以上前に作られた映画なので映像的には古臭く感じますが、今みてもラストにつながるストーリーの流れは実にすばらしく、観るものをのめり込ませる上手な作りになっています。「3」でのジョン・コナー役のニック・スタールが「2」の幼いジョンには似ていませんが、この作品でジョンの父親カイルを観ればなんとなく似ていることも分かります。

続編の「4」ではシュワちゃんは出演しないだろうね〜。

シュワちゃん、無免許はだめよ♪→ブログランキング.gif
posted by Mari at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
「男の名はカイル・リース」
に、反応してしまいました。

金メダルいっぱい取ったよな。
走るの、速いよな。

って・・・そら、カールルイスやがな!

たわむれは、おいといて。
確かに、この映画もよくできていますね。
3まで作っても、ストーリー的に無理はないし。
音楽も、私はT2がいいと思っていますが、原点は1にありますね。
Posted by leaves at 2006年01月25日 11:23
って・・・そら、カールルイスやがな!
は私が突っ込みたかった〜〜!!

あの「デデンデデンデデン」は知らない人がいないくらい有名な曲ですね♪
Posted by Mari at 2006年01月25日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ターミネーター 2
Excerpt: ** Story ******* 近未来、世界は核戦争により破壊され、生き残ったわずかな人間達は人工知能を持った機械達と戦争を行っていた。そこで人間のリーダーである男性の子供時代に戻り..
Weblog: ロクデナシ NEET LIFE (別館) ゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャー。+.゚
Tracked: 2006-04-09 01:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。