2005年09月21日

SAW ソウ

saw.jpg
監督 : ジェームス・ワン(長編デビュー作)
出演 : ケイリー・エルウェス、ダニー・グローヴァー
Mariの評価 : ★★★★☆

古くて暗いバスルームで鎖につながれた二人。二人の真ん中には男の死体がある。
生きるためには相手を殺さなければ自分も殺されてしまう・・・。

いちばん始めのシーンから、ガッツリ入り込めるほど全くスキがない映画。
「セブン」や「ユージュアルサスペクツ」などにみられる、想像外のラストがある映画が好きな人なら、楽しめるでしょう。
しかし、内容はちょっとエグイので、好き嫌いはあるかもねぇ。。。
posted by Mari at 20:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
さすがに男でも目をそむけたくなるシーンがある。
早速続編作るらしいです。
Posted by at 2005年09月24日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。